軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【AT車・CVT車】マニュアルモードの使い方とは? 

セミオートマの使用方法
マニュアルATの燃費や走行性能ってどんなものなの?

 ■ マニュアルモードとは?
マニュアルAT
セミオートマチックトランスミッション
 クラッチ操作の必要ないAT(オートマチックトランスミッション)。

 このAT車は日本のオートマチック限定免許で運転できますが、その中でも、クラッチやトランスミッションの基本構造はMT(マニュアルトランスミッション)と同じで変速操作は手動のまま、クラッチ操作を自動化したものをセミオートマチックといいます。
 アクセルとブレーキの2つのペダルだけが備わるため「2ペダルMT」また、「マニュアルモード付きAT」、「スポーツAT」とも呼ばれています。

 でも、このマニュアルモードは一体どのような効果があって、どのような使い方をするのが正しいのでしょうか?

 そこで今回は、このマニュアルモードの使用方法についてまとめてみました。
 ■ マニュアルモードの使用方法
ATシフト
使い方は?
 マニュアルモードはワンタッチで簡単に1段ずつギヤを選択できるようになっています。

 自分でギヤの設定をして固定するとエンジンの回転数をDレンジより高く保つ事ができます。

 さらにマニュアルモードはアクセルを踏み込んでもキックダウン(自動で低いギヤに変速)しません。

 そのため、上り下りの多い山道などを一定のペースで走る際、自動変速がなくなり、快適に走行することが可能になります。

 また、低いギヤで走るほど、加速と減速がアクセルひとつで自在にコントロールできますのでメリハリのある速度調整が可能となります。

 では、次にマニュアルモードを使用すると具体的にどうなるのか?マニュアルモードは本当に必要なのか見ていきましょう。
 ■ 何のためについてるの?
AT変速
マニュアルモードの意味
 ATやCVTのマニュアルモードの持つ効果について上記で述べましたが、良いことづくしな訳ではありません。

 どういうことか、結論から言うと、マニュアルモードは「車のエンジンを自動的に機械任せにするのではなく、自分でコントロールしたい」という運転好きのために付けられているものなのです。

 一言でいえば「自己満足」にすぎません。

 さらにいうと、オートマ車をマニュアルでシフトチェンジしたところで燃費が向上することはありません。

 現代のATは最適なギアを選択するようにプログラミングされており、マニュアルでそれを超えることは不可能です。

 そのため、効率よく走りたいという場合は、マニュアルモードは使わない方がよいでしょう。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: AT  CVT  マニュアルモード  シフト  使い方 
cm 0   tb 0   page top