軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

HV・EV・PHVのバッテリーが上がった場合の対処方法 

HV・EV・PHVのバッテリー上がりと応急処置
HV・EV・PHVのバッテリーと上がってしまった場合の応急処置について

 ■ HV・EV・PHVのバッテリー上がり
電気供給
バッテリートラブル
 近年、急速に増え、当たり前のように走るようになったHV(ハイブリッドカー)・EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッドカー)。

 次世代自動車と呼ばれているこれらの自動車はガソリンだけではなく、電気の力も利用して走行するという特徴があります。

 そんな次世代自動車でも、ガソリン車と共通して、良くあるトラブルの一つとして「バッテリー上がり」が挙げられます。

 ガソリン車はバッテリーが上がった場合はジャンプスタートする方法が一般的ですが、これらの自動車の場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

 そこで今回はこのHV・EV・PHVのバッテリー上がりについてまとめてみました。
 ■ そもそもなんでバッテリーが上がるの?
ばってりーあがり
バッテリートラブルの原因
 さて、自動車のエンジン始動には欠かせないバッテリーですが、そもそもなぜトラブルが起きてしまうのかというと…

  • ヘッドライトの消し忘れ
  • 長期間乗らない事による自然放電
  • 室内ライトの付けっ放し
  • エアコンの使用頻度が多い
  • 消費電力の大きい電装品
  • 一度に走行する距離が極端に少ない
  • 夜間や雨天時の走行が多い
  • バッテリー装置の故障
  • 端子の緩み・配線不良

といったちょっとした失敗が原因に挙げられます。

 特に冬なんかだと、バッテリーの性能も下がる特性があるので、注意が必要です。

 とはいえ、上がってしまった物は仕方がありません。

 そんな時はどうすれば良いのか、対処方法について見て行きましょう。
 ■ HV・EV・PHVのバッテリー
バッテリーの応急処置
 さて、まずこれらの自動車がガソリン車の作りと何が違うのかというと、バッテリーを2つ搭載していることです。

 一つは、ガソリン車と同様の「補機類用バッテリー」。

 もう一つは車の走行用モーターに電力を供給する「モーター駆動用バッテリー」です。

 補機類用バッテリーは、車全体のシステム起動などに使われるので、これが上がってしまうと、モーター駆動用バッテリーに問題がなくても、システムの起動ができないので、走行することができません。

 しかし、この補機類用バッテリーが上がってしまった場合であれば、ガソリン車でおこなうジャンピングスタートの方法で対応する事ができます。

 バッテリーを繋ぐ際も、ガソリン車と同じように、救援車からブースターケーブルを用いて電気の供給を受ける事になります。

 つなぐ順番は…

  • バッテリーの上がった車のプラス
  • 救援車のプラス
  • 救援車のマイナス
  • バッテリーの上がった車のマイナス

 詳しい繋ぎ方については以下を参照ください。

●【バッテリーが上がった時に…】ブースターケーブルの正しいつなぎ方
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-361.html

 一方、モーター駆動用バッテリーが上がってしまった場合ですが、こっちのほうのバッテリーは、補機類用バッテリーとは比べ物にならない程、電圧が高く、触れると危険な部分があります。

 そのため、こちらのバッテリーの故障が確認された場合は、ディーラーや整備工場などに依頼するようにしてください。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: HV  EV  PHV  バッテリー  対処  方法 
cm 0   tb 0   page top