軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

 【構造やチョークとの違い】ティクラーとは? 

ティクラーってなに?
ティクラーの構造やチョークとの違いなど

 ■ ティクラーについて
イラストのティクラー
ティクラーの意味は
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置ですが、構造はどうなっているのでしょうか?

 また、ティクラーと構造が似ているチョークの違いを知らない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、ティクラーの構造やチョークとの違いなどについてまとめてみました。
 ■ ティクラーとは?
手で持っているティクラー
ティクラーの構造
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置で、エンジン始動時に混合気の空熱比を一時的に濃くし、冷間時の始動を容易にします。

  • キャブレターに付属する装置
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、ティクラーの構造としては、キャブレターにあるフロートバルブを開き、フロートチャンバーからベンチュリ内に燃料を溢れさせて混合気を濃くします。

  • プートバルブを開く
  • 混合気を濃くする

 さらに、ティクラーはキャブレターに備え付けられた操作スイッチを押すことで作動します。

 また、ティクラーは操作スイッチを押している間は燃料が溢れ続けるため、混合気が濃くなりすぎて逆に始動が困難になる場合があります。

 このため、操作上の慣れが必要であることから、現在では、操作が容易なチョークが普及しています。
 ■ チョークとは?
単体のチョーク
チョークの構造
 では、ティクラ-と構造が似ているチョークとは、どのようなものなのでしょうか?

 このチョークは、ガソリンエンジンなどを燃焼させるため、混合気の空燃比を一時的に多くするように調節する装置で、冷間始動を容易にします。

  • 混合気の空熱比を一時的に多くする
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、チョークの構造としては、取り付けられているレバーを引いてキャブレターが吸入する空気量を絞って少なくし、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くする仕組みを持っています。

  • 空気量を少なくさせる
  • 混合気を濃くする

 さらに、エンジンの始動後、レバーを約半分程度戻し、エンジンの回転数が安定する状態まで待ちます。

 その後、回転数が安定したらレバーを元の位置に戻すことで、車両の走行が行えます。

 ここまではチョークについて説明してきましたが、次の項目ではティクラーとチョークの違いについて触れていきます。
 ■ ティクラーとチョークの違いは?
手で持っているキャブレター
違いは混合比の変え方
 さて、ティクラーとチョークの違いは、何が挙げられるでしょうか?

 この違いは、キャブレターが関係していて、燃料や空気量を送り込む方法が異なります。

  • 燃料や空気量を送り込む方法

 キャブレターとは、燃料と空気を混合する装置となり、ティクラーやチョークに付属されています。

 このため、ティクラーはキャブレターに燃料を送り込むことで混合気を濃くします。

 一方、チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らして、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くします。

  • ティクラーはキャブレターに燃料を送り込む
  • チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らす

 また、別の違いとしては、使用されている年代に違いがあります。

 これは、ティクラーが使用されていた年代は、1970年代前半までとなっていて、現在はほとんど使用されていません。

 また、チョークは現在でも使用されていて、一般的な方式となっています。

  • ティクラーは1970年代前半まで使用
  • チョークは現在でも使用

 上記の構造やチョークとの違いについて覚えておけば、ティクラーについて詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ティクラー  とは  構造  チョーク  違い 
cm 0   tb 0   page top

【仕組みや使い方】車のチョークとは? 

エンジンの調整機能、チョークとは?
チョークの特徴や使い方など

 ■ 古い車についているチョークとは
チョークのノブ
チョークの使い方は
 古い車に乗ってみると、ハンドルの下などに見慣れないノブがある…。

 このノブは「チョーク」と呼ばれていますが、一体何のために使用するのでしょうか?

 そこで今回は、チョークの特徴や、使い方についてまとめてみました。
 ■ そもそもチョークとは?
チョークのノブ2
エンジンの始動調整ノブ
 さて、チョーク(弁)とは、古い車や軽トラックに備えられる、エンジンの始動時に空気量を手動で調整し、エンジンの回転を安定させるノブです。

 このチョークのノブがついた自動車はガソリン車を中心に1990年代初頭まで発売され、軽トラックではスバルのサンバーや、ホンダのアクティトラックなどに付けられていました。

 このチョークを使うことにより、寒い時期などエンジンが始動しにくい時に場合に回転数を安定させて、エンジンの磨耗を防いでいました。

  • エンジンの始動調整ノブ
  • 1990年代初頭まで使用された
  • 寒い時期に使われる

 また、現在はチョークの機能を自動的に調整を行なえる、オートチョークが主流となっています。

 ちなみに、このチョークを含んだエンジンのパーツの一つにキャブレターがあり、以下の記事に構造などが詳しくまとめられています。

○【調整・清掃】キャブレターの構造とは
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-629.html
 ■ チョークの仕組みは
チョークのノブ3
手動と自動の仕組み
 では、エンジンの始動調整を行える、チョークの仕組みとはどうなっているのでしょうか?

 上項でも触れた通り、チョークには手動タイプと自動タイプがあり、この中でもチョーク弁式とスタータ式の2種類に分かれます。

  • 手動と自動がある
  • 更にチョーク弁式とスタータ式がある

 チョーク弁式のタイプは、キャブレターを持つ車に採用され、チョークのノブを動かすことによって、キャブレター内の吸気経路を締め、ガソリンの吸入量を増やすことができます。

 また、スタータ式のタイプは、チョークのノブを引くことによって、通常の燃料供給経路とは別に設けられた燃料供給経路から、ガソリンを供給させることができます。

 自動式の場合は、これらのチョーク弁式とスタータ式の動きを、センサーなどでコントロールして制御することが可能です。
 ■ チョークの仕組みは
チョークの操作
手動チョークの調整
 さて、実際にチョークを使ってエンジンの回転を安定させるには、どういう操作が必要なんでしょうか?

  • チョークを一杯まで引く
  • エンジンを動かす
  • チョークを半分位戻す
  • 安定したらチョークを全て戻す

 チョークを使う際は、冬場は目一杯、夏場は半分程度チョークを引きます。

 その後アクセルを踏まずにエンジンを始動させます。

 エンジンが始動したら、チョークを半分程度の位置に戻します。

 すると、エンジンの回転数が安定しだすので、完全に安定したらノブを完全に戻します。

 手動タイプはあまり一般的な機能ではなくなっていますが、いざという時に役立つかも知れませんね…。

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: チョーク  とは  仕組み  使い方 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ