軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【メリットやデメリット】内掛けハンドルとは? 

内掛けハンドルとはどんな操作?
内掛けハンドルのメリットやデメリットなど

 ■ 内掛けハンドルの定義
逆手で握り
どんな操作が行われるか
 運転中に友達のハンドル操作を覗いたら、内側からハンドルを切っていた。

 このように内側からハンドルを切ることを内掛けハンドルというのですが、どんな効果があるのでしょうか?

 そこで今回は、内掛けハンドルとは何か、メリットとデメリットについてまとめました。
 ■ 内掛けハンドルとは?
内側に握る
内側からハンドルを切る
 さて、内掛けハンドルとは別名逆手ハンドルとも呼ばれ、内側からハンドルを握って操作する事を指します。

 この内掛けハンドルは、車にパワーステアリングがついていない時代、ハンドルを切るのが大変だったために、よく使われていた操作方法です。

 しかし現在は、殆どの車にパワステが装着されているために、不必要なハンドル操作として扱われています。

  • 内側からハンドルを握って操作
  • 昔はハンドルが重いので使われた
  • 現在はハンドルが軽いので必要ない

 また、教習所で習う正しいハンドルの位置は10時10分と言われていますが、最近の車はエアバッグが装着されているため、エアバッグ使用時に腕を怪我する恐れがあります。

 このため、全米自動車協会は、8時20分から9時15分の位置で握るように推奨しています。

  • ハンドルの位置は10時10分と習う
  • 8時20分から9時15分が推奨されている
 ■ 内掛けハンドルのメリット
内側に握る2
簡単に大きく切れる
 さて、内掛けハンドルを行う際に生じるメリットとは、何があるのでしょうか?

  • 大きく切れる
  • 力が入れやすい

 内掛けハンドルは、内側からハンドルを切ることにより、簡単に大きくハンドルを切ることができます。

 さらに、余り力を入れずにハンドルを切ることも可能です。

 このため、内掛けハンドルはクセになりやすいハンドル操作であると言われています。
 ■ 内掛けハンドルのデメリット
内掛けハンドル操作2
緊急時に対応できない
 では、内掛けハンドルを行う事によって生じるデメリットとは何でしょうか?

  • 緊急時にハンドル操作が出来ない
  • クラクションが鳴らせない
  • 怪我する恐れも

 内掛けハンドルで運転していると、子供が飛び出し等のとっさの際にハンドルを回す事ができないので、事故を避けられません。

 また、この状態で急なハンドル操作を行うと、腕を捻ったり、骨折してしまうこともあるそうです。

 さらに腕が交差した際にクラクションを鳴らすことも出来ず、エアバッグが開いた際に腕や顔を怪我する恐れもあります。

 このように、緊急時の操作が出来ないために、内掛けハンドルがクセになっている人は、上記のハンドルの位置や、回し方や持ち替えるタイミングに注意しながら矯正しましょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 内掛けハンドル  とは  なぜ  メリット  デメリット 
cm 0   tb 0   page top