軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【世界戦略車や軽自動車】国内専用車とは? 

国内専用車ってなに?
国内専用車や世界戦略車など

 ■ 国内専用車について
工場で製造されている車
国内専用車の意味は
 国内専用車とは、生産国外へ輸出および販売されない車種のことです。

 また、国内専用車に似ている用語で世界戦略車がありますが、意味を知らない方もいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、国内専用車や世界戦略車などについてまとめてみました。
 ■ 国内専用車とは?
整列している車
国内専用車の目的
 さて、国内専用車とは、どのような車種なのでしょうか?

 国内専用車は、生産国外へ輸出および販売がされない車種のことを指しています。

 また、国内専用車は各国の国内のみ販売されている車種となり、国内のニーズに特化しています。

  • 国外へ輸出や販売されない車種
  • 国内のニーズに特化

 この国内のニーズとは、スポーツカーなどの走行性能がある車の需要は少なく、軽自動車のような環境性能の高い車の需要が多くなっています。

  • 走行性能のある車の需要が少ない
  • 環境性能の高い車の需要が多い

 また、国内の車両は並行輸出という形で海外へ輸出されることがありますが、国によって道路の通行方向が左と右で異なり、ハンドルの位置も変わります。

 このため、日本国内から海外へ輸出される車は、右ハンドルから左ハンドルへ変更されます。
 ■ 世界戦略車とは?
フェリーで運ばれる前の車
世界戦略車の目的
 では、世界戦略車とは、どのような車種なのでしょうか?

 世界戦略車は、メーカーが輸出を目的としている車両の新車発表時に用いられる用語です。

 また、世界戦略車はワールドカーやグローバルカーとも呼ばれ、国や地域に合わせた車両を派生させる戦略となっています。

  • メーカーが輸出を目的としている車両
  • 国や地域に合わせた車両を派生させる戦略

 また、日本の国内メーカーは、国内向けと輸出向けの仕様を区別する場合が多くなっていますが、輸出向けを目的に設計された車種などを国内で販売する場合もあります。

 これは日本国内の需要より海外の需要を狙って製造されるため、ハンドルの位置を右ハンドルから左ハンドルに変更したり、国外のトレンドを意識して造られます。

  • 右ハンドルから左ハンドルに変更
  • 国外のトレンドを意識

 ここまでは世界戦略車について説明してきましたが、次の項目では国内専用車の軽自動車などについて触れていきます。
 ■ 国内専用車の軽自動車
軽トラックのイラスト
国内専用車の軽トラックなど
 さて、国内専用車の軽自動車は、どんな種類があるのでしょうか?

 軽自動車とは、日本国内で一番小さい規格に分類される自動車の一種です。

 また、軽自動車の定義としては、全長が3400mm以下、全高が1480mm以下、全高2000mm以下となり、排気量は660cc以下で定員が4名以下の車両が当てはまります。

  • 全長3,400mm以下
  • 全高 1,480mm以下
  • 全高 2,000mm以下
  • 排気量 660cc以下
  • 定員 4名以下

 さらに、国内専用車の軽自動車は、主にトヨタのパッソやホンダのN-ONE、スズキのハスラーなど国内で需要の多い車種が挙げられます。

  • トヨタ パッソ
  • ホンダ N-ONE
  • スズキ ハスラー

 また、国内専用車の軽トラックは、主にトヨタのピクシストラックやホンダのアクティなどが挙げられます。

  • トヨタ ピクシストラック
  • ホンダ アクティ

 上記の国内専用車や世界戦略車について覚えておけば、車に対しての知識が増えるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 国内専用車  とは  世界戦略車  軽自動車 
cm 0   tb 0   page top

 【構造やチョークとの違い】ティクラーとは? 

ティクラーってなに?
ティクラーの構造やチョークとの違いなど

 ■ ティクラーについて
イラストのティクラー
ティクラーの意味は
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置ですが、構造はどうなっているのでしょうか?

 また、ティクラーと構造が似ているチョークの違いを知らない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、ティクラーの構造やチョークとの違いなどについてまとめてみました。
 ■ ティクラーとは?
手で持っているティクラー
ティクラーの構造
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置で、エンジン始動時に混合気の空熱比を一時的に濃くし、冷間時の始動を容易にします。

  • キャブレターに付属する装置
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、ティクラーの構造としては、キャブレターにあるフロートバルブを開き、フロートチャンバーからベンチュリ内に燃料を溢れさせて混合気を濃くします。

  • プートバルブを開く
  • 混合気を濃くする

 さらに、ティクラーはキャブレターに備え付けられた操作スイッチを押すことで作動します。

 また、ティクラーは操作スイッチを押している間は燃料が溢れ続けるため、混合気が濃くなりすぎて逆に始動が困難になる場合があります。

 このため、操作上の慣れが必要であることから、現在では、操作が容易なチョークが普及しています。
 ■ チョークとは?
単体のチョーク
チョークの構造
 では、ティクラ-と構造が似ているチョークとは、どのようなものなのでしょうか?

 このチョークは、ガソリンエンジンなどを燃焼させるため、混合気の空燃比を一時的に多くするように調節する装置で、冷間始動を容易にします。

  • 混合気の空熱比を一時的に多くする
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、チョークの構造としては、取り付けられているレバーを引いてキャブレターが吸入する空気量を絞って少なくし、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くする仕組みを持っています。

  • 空気量を少なくさせる
  • 混合気を濃くする

 さらに、エンジンの始動後、レバーを約半分程度戻し、エンジンの回転数が安定する状態まで待ちます。

 その後、回転数が安定したらレバーを元の位置に戻すことで、車両の走行が行えます。

 ここまではチョークについて説明してきましたが、次の項目ではティクラーとチョークの違いについて触れていきます。
 ■ ティクラーとチョークの違いは?
手で持っているキャブレター
違いは混合比の変え方
 さて、ティクラーとチョークの違いは、何が挙げられるでしょうか?

 この違いは、キャブレターが関係していて、燃料や空気量を送り込む方法が異なります。

  • 燃料や空気量を送り込む方法

 キャブレターとは、燃料と空気を混合する装置となり、ティクラーやチョークに付属されています。

 このため、ティクラーはキャブレターに燃料を送り込むことで混合気を濃くします。

 一方、チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らして、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くします。

  • ティクラーはキャブレターに燃料を送り込む
  • チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らす

 また、別の違いとしては、使用されている年代に違いがあります。

 これは、ティクラーが使用されていた年代は、1970年代前半までとなっていて、現在はほとんど使用されていません。

 また、チョークは現在でも使用されていて、一般的な方式となっています。

  • ティクラーは1970年代前半まで使用
  • チョークは現在でも使用

 上記の構造やチョークとの違いについて覚えておけば、ティクラーについて詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ティクラー  とは  構造  チョーク  違い 
cm 0   tb 0   page top

【範囲や期間】車のメーカー保証とは? 

車のメーカー保証ってなに?
車のメーカー保証の範囲や期間など

 ■ 車のメーカー保証について
車の修理
メーカー保証について
 車を購入した場合は、メーカーから品質が保証されるメーカー保証が付きます。

 このメーカー保証には、保証の範囲や期間が決められているのをご存じでしょうか?

 そこで今回は、メーカー保証の保証範囲や期間などについてまとめてみました。
 ■ メーカー保証とは?
パーツの取り外し
メーカーが品質を保証
 さて、車のメーカー保証とは、メーカーが独自に品質を保証する規定のことを指しています。

  • メーカー保証とは
  • メーカーが品質を保証する規定

 このメーカーが保証する理由としては、車両の不備や故障した場合にユーザーから信頼を回復することが挙げられます。

 また、メーカー保証により修理された車両は、データで管理され、今後の製品開発や改良に役立てられます。

  • ユーザーからの信頼回復
  • 製品開発や改良に役立てる

 さらに、メーカーが保証する期間は、一般的に3年から5年となっています。

 また、サービスの一環で延長保証制度を設けているメーカーがあり、保証期間を3年から5年へ延ばしたり、5年から7年へと期間を延長することができます。

  • 延長保証制度
  • 保証期間を延長できる

 この延長保証制度を利用する場合は、追加で料金が発生する場合があります。
 ■ 保証の範囲や期間について
特別保証パーツ
メーカーが品質を保証
 では、車のメーカー保証の範囲や期間は、どうなっているのでしょうか?

 このメーカー保証の範囲は、一般保証と特別保証の二つに分けられています。

  • 一般保証
  • 特別保証

 一般保証は、エアクリーナーエレメントやエンジンオイルなどの使用していくうちに自然に摩耗していく消耗部品の保証です。

 一方、特別保証は電子制御機構やシリンダーヘッドなどの基本部品や、エンジンなどの車の安全を守る上で重要な部品が保証の対象となります。

  • 一般保証は消耗部品の保証
  • 特別保証は重要部品の保証

 また、メーカー保証の条件は、無改造であり、事故、盗難、過失、過酷な走行以外の不具合についてと、製造時に取り付けられた純正部品であることで適用されます。

  • 無改造
  • 事故
  • 盗難
  • 過失
  • 過酷な走行
  • 純正部品

 さらに、メーカー保証の期間としては、一般保証が3年で走行距離が6万km以内の車両です。

 一方、特別保証の保証期間は、5年で走行距離が10万km以内の車両となっています。

  • 一般保証
  • 期間3年 走行距離60,000km以内
  • 特別保証
  • 期間5年 走行距が100,000km以内

 また、特別保証の対象となるパーツの一部は重要保安部品とも呼ばれ、この重要保安部品は以下の記事に詳しくまとめられています。

○【定義や保証】重要保安部品とは?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-684.html

 ここまではメーカー保証の内容について説明してきましたが、次の項目では保証の継承について触れていきます。
 ■ 保証継承はどうやるの?
カギの受け渡し
保証継承の手続き
 さて、車のメーカー保証の継承は、どのようなことなのでしょうか?

 この保証継承とは、車両のメーカー保証を次のオーナーに引き継ぐことです。

  • 保証継承とは
  • 車両の保証を次のオーナーに引き継ぐ

 さらに、車両を購入した際にメーカー保証が残っていた場合は、保証継承の手続きを行うことでメーカーから保証を受けることができます。

  • 車両の購入時にメーカー保証がある場合
  • 保証継承を行うと保証を受けれる

 また、保証継承の手続きを行わなかった場合は、残り期間の保証が無駄になり、不備や故障した際の修理は自己負担となります。

  • 保証継承を行わなかった場合
  • 不備や故障した際の修理は自己負担

 また、保証継承の手続きとしては、名義変更を行ったあとに、ディーラーやカーショップに整備を依頼します。

  • 名義変更
  • ディーラーやカーショップに整備を依頼

 これは、車両の状態を判断するために行われ、不具合などが見つかった場合はその部分の保証が受けられなくなります。

 上記のような、保証の範囲や期間などについて覚えておけば、メーカー保証を利用する際に役立つのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: メーカー保証  とは  範囲  期間  継承 
cm 0   tb 0   page top

【意味や標示】道路の安全地帯とは? 

道路の安全地帯ってなに?
道路の安全地帯の意味や標示など

 ■ 道路の安全地帯について
道路の安全地帯
安全地帯の意味は
 道路には、歩行者の安全を確保するために車の進入を規制している安全地帯があります。

 この安全地帯は、意味や標示のルールなどが定められています。

 そこで今回は、安全地帯の意味や標示のルールなどについてまとめてみました。
 ■ 安全地帯の意味は?
横断歩道と安全地帯
安全を確保
 さて、安全地帯とは、歩行者や乗客の安全を確保するために車の進入を規制している場所のこと指しています。

  • 安全地帯とは
  • 車の進入を規制している場所

 この安全地帯は、主に距離の長い横断歩道の中央に設置されていて、信号が赤になり渡りきれなかった歩行者などが停留するために利用します。

  • 横断歩道の中央に設置
  • 歩行者が利用

 また、別の安全地帯としては、路面電車などの停留所に設置されていることが挙げられ、これはプラットホームと呼ばれています。

 このプラットホームは、路面電車の乗客が乗降するために利用しています。

  • 路面電車などの停留所
  • 乗客が利用

 ■ 道路標示について
標識
道路標示の義務
 では、安全地帯の道路標示とは、どのようなものなのでしょうか?

 この道路標示は、横断歩道やプラットホームなどに構造物の安全地帯を設置できない場合に設置されます。

 また、道路の幅員に余裕がなかったり、交差点が近いなどの理由がある場合に安全地帯を標示と標識で設けます。

  • 構造物の安全地帯を設置できない場合
  • 安全地帯を標示と標識で設置

 このため、スペースが狭い場所などでも安全地帯を設置することが可能となっています。

 また、道路標示は道路交通法で定められていて、黄色のラインの内側に白いラインで囲んだ四角い形となっています。

  • 道路標示
  • 黄色のラインの内側に白いラインで囲んだ四角形

 さらに、安全地帯の道路標識としては、青字のベースに白のV字が表記されています。

  • 道路標識
  • 青字のベースに白のV字が表記

 ここまでは道路標示について説明してきましたが、次の項目では安全地帯の車の停止について触れていきます。
 ■ 車の停止はできるの?
道路
停止の決まり
 さて、安全地帯の車の停止は、禁止されているのでしょうか?

 これは、以下の道路交通法17条第6項で定められています。

  • 車両は、安全地帯又は道路標識等により車両の通行の用に供しない部分であることが表示されているその他の道路の部分に入つてはならない。

 このため、安全地帯への車両の進入は、禁止となっています。

 また、安全地帯の左側と前後10m以内は、車の停止や駐車が禁止されているため、停車させてはいけません。

 さらに、プラットホームなどに歩行者がいる場合は、路面電車の有無および乗降の状況に関わらず徐行することが義務づけられています。

  • 安全地帯への車両の進入禁止
  • 安全地帯の左側と前後10mは停止や駐車禁止
  • プラットホームに歩行者いる場合は徐行

 ちなみに、車で安全地帯を通行し交通事故を起こして人を死傷させた場合は、刑法の危険運転致死傷罪にあたります。

  • 安全地帯を通行し死傷させた場合
  • 危険運転致死傷罪

 この場合は、最長で20年以下の懲役に処され、運転免許の取消と欠格期間が5年から8年となります。

 上記の意味や標示などについて覚えておけば、安全地帯の理解が深まり、運転マナーの向上を心掛けられるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 道路  安全地帯  とは  意味  標示  停止 
cm 0   tb 0   page top

トルクコンバーターとは?仕組みやCVTなど 

AT車の変速機、トルクコンバーターとは
トルクコンバーターの特徴や仕組み

 ■ トルクコンバーターの機能って?
組み合わさったトルコン
AT車に欠かせない
 現在、ほとんどのAT車に採用されているトルクコンバーター(トルコン)。

 このトルクコンバーターはよく耳にしますが、仕組みがどうなっているのか気になりますよね。

 また、トルクコンバーターと併用されるCVTとは、一体何でしょうか?

 そこで今回は、トルクコンバーターの仕組みやCVTについてまとめてみました。
 ■ そもそもトルクコンバーターとは?
トルコンの詳細
AT車の変速機
 さて、トルクコンバーターとはAT車に搭載される変速機であり、トルコンとも呼ばれています。

 このトルクコンバーターにオイルを流すと、エンジンの動力を伝えることができます。

  • AT車に搭載される変速機
  • トルコンとも呼ばれる
  • オイルを流すと、エンジン動力を伝える
  • 安定したらチョークを全て戻す

 また、トルクコンバーターはMT車のクラッチとミッションの働きの一部を同時に行っています。

 では、このトルクコンバーターの仕組みはどうなっているのでしょうか?

 次の項目で確認して行きましょう。
 ■ トルクコンバーターの仕組みは
トルコン分解図
主に3つのパーツに分かれる
 さて、トルクコンバーターの内部は、主にタービン、ステータ、ポンプに分かれています。

  • タービン
  • ステータ
  • ポンプ

 この3つのパーツの働きは、タービンはオイルを通じて動力をトランスミッションに伝えて、ステータはエンジン回転が早くなると回転して、トルクを増幅させることが出来ます。

 また、ポンプはエンジン動力を受けて常に回転しており、車のアイドリング時はタービンも低回転を行ないます。

 これにより、動力がトランスミッションに伝わり車輪が回転するAT車特有の現象である、クリープ現象が発生します。

  • ポンプは常に回転
  • タービンも低回転
  • クリープ現象が発生

 では、トルクコンバーターとも組み合わせて使われるCVTとは何でしょうか?
 ■ CVTとは
CVTのベルト
ギアを使わず変速できる
 さて、CVTとは無断階変速機のことを指し、ギアを使わずに変速することができるトランスミッションです。

 このCVTはトルクコンバーターとも組み合わせて使用されています。

  • 無断階変速機
  • ギアを使わずに変速可
  • トルクコンバーターとも併用

 また、CVTの構造は2つのプーリー(滑車)にベルトを通し、プーリーの径を変化させる事により、連続的な変速を可能にしています。

 このため、ギアを使った車のような変速ショックがなく、スムーズな加速を行え、回転効率も良いために燃費も良いといった利点があります。

  • 変速ショックが無い
  • 加速がスムーズ
  • 燃費も良い

 しかし、油圧ポンプを常に動かす必要があるため、エンジンのパワーを失ってしまうという欠点があり、専用のオイルも必要であるといった欠点もあります。

  • エンジンパワーを失う
  • 専用のオイルが必要

 以上のような仕組みやCVTについて知れば、車の内部構造についてより詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: トルクコンバーター  とは  at  仕組み  cvt 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ